2週間使い捨てコンタクト

2週間使い捨てコンタクト

2週間使い捨てコンタクトにも、さまざまなメリットとデメリットについてもみていきましょう。

 

2週間使い捨てコンタクトのメリットは、まず1日使い捨てタイプのコンタクトレンズに比べるとコストが安く済む点です。レンズケア用品代がかかり、従来のコンタクトレンズや1ヶ月交換タイプのコンタクトレンズよりはコストがかかりますが、毎日新しいものに交換する1日使い捨てタイプと比べるとコストを抑えることができます。また、レンズに汚れが蓄積する前に新しいレンズに交換するため、衛生面で優れています。

 

衛生面とコスト面からみると、従来のソフトコンタクトと1日使い捨てコンタクトの間を取ったようなレンズというわけです。1日あたりの使用コストが高すぎず、かつ、衛生面もそれなりに良いというレンズタイプです。

 

2週間使い捨てコンタクトのデメリットは、1日使い捨てタイプのコンタクトと違い毎日同じレンズを2週間使い続けるため、日々のレンズケアの手間がかかる点です。毎晩1日の装着ごにはレンズケアをきちんとやらなければなりません。この手間を惜しんで、いい加減なケアをやることが瞳のトラブルの大きな原因となりますので注意が必要なところです。

 

レンズ代、レンズケア用品代を含め、1日使い捨てタイプよりは低いものの従来のコンタクトレンズよりはやはりコストが高くなります。また、1日使い捨てタイプのコンタクトレンズと比べると、酸素透過性が悪くなるので、コンタクト装用による目の乾きが起こりやすいのも欠点の1つと言えるでしょう。

 

このように2週間使い捨てコンタクトにはメリットとデメリットがあります。ただし、良い点と悪い点があるのはどのレンズタイプでも一緒です。また、眼鏡の使用を含めてもそのことは言えます。2週間交換タイプのメリットを十分に享受できると感じた場合には、買いということになるでしょう。