ソフトコンタクト

ソフトコンタクト

ソフトコンタクトにも、さまざまなメリット・デメリットがあります。

 

ソフトコンタクトのメリットは、まずレンズを目に装着しやすい点です。ハードコンタクトと違い柔らかい素材でできているため、装着時に痛みを伴うようなことはほとんどありません。

 

また、ソフトコンタクトのレンズは角膜より大きいサイズで作られているため、装用中に落とすことはほとんどありません。外出先でレンズがいきなり外れてしまったとなると困ってしまいます。ソフトレンズの場合にはそのようなことはまずないでしょう。

 

従来のソフトコンタクトレンズにくわえて、現在では、1日使い捨てタイプや2週間交換タイプ、レンズのふちにラインが入ったタイプやカラーコンタクトなど、さまざまな種類のソフトコンタクト製品が販売されており、自分に合ったレンズを選ぶ楽しみがあります。

 

ソフトコンタクトのデメリットは、角膜への負担が重く、目が乾きやすい点です。レンズが角膜より大きく作られているため角膜全体が覆われ、酸素補給を妨げてしまいます。目の酸素不足は、乾燥感の原因になります。酸素透過率の高いレンズも増えていますが、ハードに比べると角膜への負荷は高いのが欠点です。

 

また、ソフトコンタクト装用時には、使用が許可されている目薬しか使うことができないため、使用できる目薬が限られてしまいます。また、破れやすいため寿命が短いこともあげられます。また、使い捨てタイプの場合は当然ながらその寿命は短いものとなりますので、毎日なり2週間おきなりに頻繁にレンズを交換するためランニングコストが高くなります。