ハードコンタクト

ハードコンタクト

ハードコンタクトにはさまざまなメリット・デメリットがあります。コンタクトは目に直接装用する大変デリケートなものなので、よく考慮した上で自分に合ったコンタクトを選ぶ必要があります。

 

ハードコンタクトのメリットは、まず角膜への負担が軽いという点です。ハードコンタクトのレンズは角膜より小さいため、角膜の呼吸を阻害しにくく、通常レンズが被っている部分もまばたきでレンズが動くことによって一時的に角膜から離れるので、酸素を受けやすくなっています。

 

また、最近では酸素透過率の高い素材が使用されているので、レンズが被っている部分でも目に十分な酸素を送ることができます。また、ハードコンタクトはソフトコンタクトより使える目薬が多く、手入れが簡単で、丈夫なので長持ちします。

 

これが良い例か悪い例かはわかりませんが、ハードコンタクトの同じを10年以上使い続けている人がいます。眼科で処方してもらって作ったハードコンタクトです。でもさすがにそれだけ使い続けているとレンズにタンパク質がかなり付着してしまっていたようで(もちろん毎日のお手入れはしていますが)、先日、眼科で付着したタンパク質の除去を行い、それからまたそのレンズを使い続けています。ハードコンタクトとは、このようにレンズ自体にダメージがなければ長期にわたって使用し続けることが可能です。

 

ハードコンタクトのデメリットには、レンズが小さいため目から外れやすく落としやすい点があります。ちょっとの衝撃でも落ちやすく、また誤って割ってしまってもすぐには代わりがきかないため、ソフトコンタクトに比べるとコストがかかります。ドライアイなどの場合には、目からパチッと飛ぶように外れてしまうこともなくはありません。

 

また、人によっては違和感や痛みを感じることがあります。でも、これに関しては危険信号が察知できるというメリットとも受取れます。ソフトコンタクトは痛みを感じにくいので、異常があっても放置してしまうケースもある一方で、ハードコンタクトの場合は、痛みや違和感ですぐに異常がわかるからです。