コンタクト 種類

コンタクトレンズ

視力を補正する方法として眼鏡と並んで人気なのが、コンタクトレンズです。最近では、眼鏡の価格が3プライス店の登場などで安くなってきて、眼鏡を使用する若い人も増えてきましたが、眼鏡だけを使用するというよりも、コンタクトと眼鏡の併用という人の方が多いかもしれません。

 

コンタクトは、あなたの外観を変えることなく、視力補正が出来る方法としてすっかり定着したアイテムといってよいでしょう。近視の人から、乱視が入った人、遠近両用として使いたい人、また瞳の色や大きさを変えるカラコンまで、幅広い利用者がいます。

 

また、コンタクトとひと口にいっても、種類はいろいろとあります。昔から人気のハードコンタクトやソフトコンタクト。それと、使い捨てタイプとして、1日使い捨てタイプコンタクト、2週間交換タイプのコンタクト、また海外製では、1週間、1ヵ月交換といったタイプの使い捨てコンタクトレンズも存在します。

 

当サイトでは、これらコンタクトの種類について解説していきます。それぞれのコンタクトのメリットやデメリットがありますので、あなたに合ったコンタクトはどれかを見極める基準としてご利用下さい。

 

有名なコンタクトレンズメーカーとしては、ジョンソンエンドジョンソン、ボシュロム、シード、チバビジョン、HOYAなどがあります。

 

また、販売店としては、各メーカーの公式サイトから購入することも出来ますし、街にある実店舗では、いろいろな種類から選ぶこともできます。最近では、ネット通販で購入する人も増えてきています。海外から個人輸入で取寄せる方法や、国内外のネット通販店の利用も人気です。ネット通販店では、処方箋なしで購入できるお店もあります。

 

ネット通販店に関する情報をもう少し詳しくお伝えしておきます。

 

コンタクト 処方箋なし 通販お薦め人気1位はというサイトは、2010年から運営されているサイトで、処方箋なしで使い捨てコンタクトを購入する際におすすめのネット通販店をご紹介しています。今までに、レンズモード、コンタクトさんがお勧めの時期もありましたが、ここ最近はアットスタイルで定着しています。

 

レンズモードやコンタクトさんも人気がある通販ショップではありますが、海外通販店であるためのデメリットも存在します。アットスタイルは国内店舗なので、そのメリットが勝るということでアットスタイルが最近は1位の常連となっているようです。

 

送料比較に関するページも人気がありますし、レンズメーカー一覧というページもあります。ここでは、若干マイナーなクーパービジョンやシシリア、アイレに関する情報なども公開しています。

 

コンタクトレンズ

 

また、ネット通販では、送料無料でコンタクトレンズが入手できるところも存在します。そのよな送料無料店に関する特集サイトとしましては、コンタクト送料無料店がお得!というサイトがあります。こちらをみますと、送料無料とうたっているお店でも、いろいろなパターンがあることがわかります。完全送料無料のお店もあれば、価格や箱数で条件をつけているお店もあります。

 

完全送料無料のお店は、いっけんすうると魅力的ですが、個別レンズ価格は全体的に高めという傾向がありますので、しっかりと刑さして比較検討する必要がありそうです。通常送料を請求するお店で、レンズセットによっては送料無料になっているお店もあります。例えば、アットスタイルやレンズアップなどがそうです。このようなお店は、レンズ価格設定は元々お得になっていますんどえ、送料無料品はかなりお得感が強いという傾向があります。

 

レンズ種類には、ハードやソフト、使い捨てなどがありますが、上記でお伝えした2つのサイトは、主に使い捨てコンタクトを取扱っているお店の紹介がメインとなっています。

 

 

色々なコンタクトの種類の中から、何を選ぶか?

ご紹介してきたように、コンタクトレンズには色々な種類があります。その中でも当サイトがおすすめしたいのは、使い捨てコンタクトレンズです。毎日、または定期的に新しいレンズに交換するので、とても衛生的です。また、もし無くしてしまっても、昔からあるハードコンタクトやソフトコンタクトに比べて1枚当たりの値段が安いのでリスクが低くなります。

 

使い捨てコンタクトレンズは、1日使い捨てタイプと2週間交換タイプが主流になります。実際にこれらのコンタクトレンズを使っている方々に、それぞれのメリットをお話してもらいました。

 

1日使い捨てタイプコンタクトのメリット
私は、高校生や大学生の時には使い捨てではないタイプの2年ぐらい使えるソフトコンタクトを愛用していました。ですがそのうちに使い捨てコンタクトレンズが発売されるようになり最初は2週間の使い捨てに乗り換えて、そのあとさらにワンデーの使い捨てに最終的には乗り換えました。ワンデーの使い捨ての便利さを一度知ってしまったらもう2週間使い捨てとかには戻れないというぐらい気に入っています。

 

ワンデーのメリットはたくさんありますが、まず1日装着したら、帰宅して外して捨てるだけなので面倒な洗浄を行う必要がありません。ですから洗浄液やタンパク除去液などを買う必要がないのでコンタクトレンズケア用品への出費がゼロになるのが良いです。

 

さらに、ワンデーの使い捨ては、毎朝フレッシュな状態のコンタクトレンズをつけることができるのでとても衛生的です。洗浄タイプのコンタクトですと、いくら一生懸命綺麗に洗浄したと思っても実際には汚れが残ってしまうことも多いので結局不衛生で目が感染症を起こしてしまう可能性もあるのです。ワンデーですと、こういった心配が全く無く、常に健康な目の状態を維持することができます。

 

またワンデーのコンタクトは薄いタイプが多いので酸素透過性が高い気がします。以前使っていた長期装用タイプですと、1日装着していると夕方には目の疲労がひどかったのですが、ワンデーにしてからは目があまり乾燥しませんし、一日中装着していても目の疲れを感じることがありません。ですから仕事で長時間装用することが多い私でも、一日中クリアな視界がキープできて非常に快適です。

 

2週間交換タイプコンタクトのメリット
私が使い捨てコンタクトレンズで愛用しているのは、2週間使い捨てコンタクトレンズです。2週間と期間が長いので、快適に使う事が出来ます。さらに、ワンデーコンタクトレンズよりも、耐久性に優れているので、1日で使い捨てるコンタクトとは比べ物にならない程の使い心地です。私の場合、ワンデータイプではすぐにコンタクトが乾燥してしまいカピカピになります。よって、ワンデーではかなり眼球に負担をかけてしまいます。

 

2週間で使い捨てるコンタクトは、かなり耐久性があると思います。衛生面・視界のクリアさなどは、2週間の使い捨てのコンタクトの方がいいようです。また、ワンデーだと毎日毎日新しいコンタクトを取り出す必要があり手間に感じてしまいます。

 

コンタクトレンズを使用している方は経験があるかと思いますが、必ずコンタクトレンズをつけたまま眠ってしまう事があります。翌日起きるとコンタクトが眼球に張り付いてとれなくなる時があります。しかし、2週間交換のコンタクトはそんな心配がありません。ワンデーコンタクトより、耐久性、柔らかさなどが比較的優れているので、ついつい寝てしまった翌日の朝、コンタクトが眼球に張り付いて外せないという事はありません。

 

以上の点で、私は2週間の使い捨てコンタクトレンズをおすすめします!さらに、2週間の使い捨てコンタクトレンズは長時間つけていても、ワンデーと比べてあまり違和感がありません。もし、1日使い捨てタイプコンタクトだとゴロゴロして違和感があるという方は、ぜひ2週間交換タイプのコンタクトをお選び下さい!